クレジットカード現金化の歴史と未来

クレジットカード現金化の業者は、創業10年以上だと老舗の業者だと呼ばれます。
そのためクレジットカード現金化の歴史は10年程度と思っている人もいるかもしれません。
しかし実際にはもっと歴史は長く、1980年代頃からスタートしています。ではその歴史について紹介します。

■クレジットカード現金化の歴史
クレジットカード現金化の歴史は1980年頃にスタートしました。
ただし当時はまだネットが普及していない時代なので、実店舗で買取方式で行われていました。
そしてネットが普及した2000年頃から、実店舗を持たないネット店舗でキャッシュバック方式の業者が主流になり始めます。

先ほども少し言いましたが、創立10年以上の業者は老舗なので、優良業者の可能性が高いと言えます。
ちなみに10年存続する事は大変で、全体の5%しか存続する事が出来ません。

消費者金融も多数存在する中で、なぜクレジットカード現金化を利用する人が増えているのかというと、メリットが多いからです。
審査が不要で、ネット銀行を利用すれば24時間対応してくれます。
クレジットカードはキャッシング枠が上限額まで利用していても、ショッピング枠現金化が可能です。
そして消費者金融のように、信用情報に借入履歴が残りません。

そのため将来的に住宅ローンを申込むときなどに、審査に通りやすくなると言えます。

■クレジットカード現金化の未来
ではクレジットカード現金化の歴史を紹介したので、次は今後クレジットカード現金化がどのようになっていくのか、未来について紹介します。

すでに現時点でクレジットカード以外にも携帯電話キャリア決済や電子マネー、Amazon商品券の買取などが行われています。
利用者は選択肢が増えた事で分散し、クレジットカード現金化の利用者も減少傾向にあります。
そもそもすでにピークは過ぎた状態だと言えます。
その理由は公安委員会が広告規制を設けたためです。

また検索をしても業者のホームページより先に注意喚起を促すサイトがヒットします。
デメリットやリスクを先に知ってしまうと、不安の方が大きくなり、利用者は減少したという訳です。

加えて今後はますます電子マネー化でキャッシュレスな社会が進み、現金を必要としなくなっていけば、クレジットカード現金化の業者は衰退していくでしょう。

クレジットカード現金化の悪質な業者

クレジットカード現金化は、あまり派手に使いすぎず間に業者を通して決済代行などをしておけばある程度は安全性があります。
しかし、それはあくまできちんとした営業をしている業者を利用している場合です。
今回は、悪質な営業をするクレジットカード現金化の業者についてを解説します。

■詐欺同然の悪質な現金化業者
クレジットカード現金化は、消費者金融の借入限度額の規制などが出来たことにより利用者が増えたため、闇金などとつながっているような悪質な運営をする業者も増えているんです。
こういった悪質な業者とは一体どのような手口を使うのでしょうか?知識として知っておいた方がいいでしょう。
まず、やり口としてはホームページにおける還元率の高いアピールと即日取引の過剰アピールですね。
還元率98%や最短3分で送金などどう考えてもありえないような魅力的なことを大々的にアピールしているのです。
なので、あまりにも飛び抜けて高い還元率や送金手続きにかかる時間などを提示するところは怪しんだほうがいいでしょう。

■悪質なショッピング枠現金化業者の手口
さて、これだけ高い還元率や早い送金手続きのことをアピールしてそれが本当だったらいいのですが常識的に考えて銀行振込手続きが3分で済むなんてありえませんし、還元率98%なんて業者に利益が殆ど出ないので、こんな商売をするなんてありえませんね。
実際、送金手続きは最短が3分だからと言って何時間も待たされることなんかザラにありますし、還元率も98%だけど振込手数料や事務手数料、消費税などと称して結局還元率で考えれば10%以上もお金を引いてくるなんてやり口をしてくるんです。

■悪質な業者への対策
一番は、とにかくホームページなどの誇大広告に騙されないことです。
ショッピング枠現金化の還元率相場は80%後半から高くても90%前半程度です。
この範囲を逸脱するような広告をするところは、できるだけ避けた方が無難でしょうね。

[PR]即日マネーでクレジットカード 現金化 優良店を調べてみよう!